「Heineken(ハイネケン)」を飲んでみた!【ビール批評第5弾】

お酒

こんにちは!まこトン・はるトンです! (・3・)/

今回の記事では、『Heineken(ハイネケン)』生ビールについてレビューしていきます。

ハイネケンはオランダ出身のビールです。2019年の日本ラグビーワールドカップのパートナービールとしても、今年はより有名になりましたね。さっそく飲んでいきましょう。

色合いはやや薄目な感じがします。泡立ちもそこまで強くはないかな。すでにスッキリとした味わいなのかなと予想できます。さっそく飲んでいきましょう!

グビグビ…。ぷは~。やはりスッキリとした味わいです。キリン一番搾りよりもさらにスッキリとしている印象だ! 若干フルーティーな感じもするし、 今まで飲んだビールの中でも、とにかく爽やかで飲みやすい!この日は年末ということで仕事に追われて帰って来た日でした。疲れた時には、ビールが飲みたくなるのですが、調子が悪いとビールを飲んだはいいが飲みづらい…。そんな風に感じる日はありませんか?しかしながら、疲れていてもハイネケンの一杯はたまらなかったです。それくらいスッキリと飲みやすいビールであると感じました。人によっては軽すぎると感じる人はいるかもしれませんが、 自分の評価としては、飲みやすいビールとして太鼓判を押せますね!

実はこのブログを書いている今日はクリスマスイブ。2人でハンバーグを食べました!やっぱり手料理は最高だなぁ…。よいイブを迎えられました。お供にハイネケン。ごはん時でも、軽い味わいなのでグビグビ飲めてしまう良い商品ですね!皆さんも飲んでみてはいかがですか?

最後にクリスマスケーキです!いよいよ2019年も終わりに近づいてきました。皆様も体調に気を付けて年末年始をお過ごしくださいね!

それでは、今回はここまで。 ありがとうございました m(_ _)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました