「獺祭」三種を飲み比べしてみた!【日本酒批評第2回】

お酒

こんにちは!まこトン・はるトンです! (・3・)/

今回の記事では、日本酒『獺祭』を三種飲み比べして、レビューしていきます。

獺祭と言えば、山口県の銘酒ですよね。なぜここまで有名になったか皆様ご存知でしょうか?それは、2014年にオバマ大統領が日本に来日した際に、安倍総理がプレゼントした日本酒ということで有名になりました。安倍総理の本籍地も山口県。山口県に私たち夫婦も旅行したら、とある居酒屋さんでこんなものが・・・。

『磯くら』さんという居酒屋さんで撮影しました。2019年も、安倍総理は山口県で夏休みを過ごされたそうですね。山口県は見どころが多く魅力的で、美味しいお酒もたくさんあるので帰省したくなる気持ちはとても分かります。そんな山口県の獺祭。さっそくレビューしていきます。その前に獺祭には種類がありますので、その解説もさせてもらいます。

獺祭の種類について

はるトン
はるトン

獺祭にはお米の磨き方によって大きく4種類あるんだよ!今回はそのうちの3種類飲み比べしていくよ。

まこトン
まこトン

お酒を造るのにお米を磨くブタね。初めて知ったブタ~。

はるトン
はるトン

精米歩合という割合で種類分けされてるのよ~。精米歩合というのは、お酒をつくるためにお米を磨くのだけど、4割5分(45%)、3割9分(39%)、2割3分(23%)になるまで磨きますよということなの。

まこトン
まこトン

ブヒ~!2割3分ということは、お米が23%しか残ってないということブタね!とてもぜいたくブタ・・・。味わって飲まないトン!

分かりやすくなるように画像も作ってみました。純度をあげるために、半分以上お米を削ってしまっているんです。お酒を造るってすごく手間がかかっているんですね。もちろん値段は割合が低ければ低いほどお高くなってきます。ちなみに、4種類目の獺祭ですが、『獺祭 磨きその先へ』という商品があります。これは精米歩合2割3分(23%)を超える(下回る)割合で磨くそうです。お値段も半端ないので、今回は『4割5分、3割9分、2割3分』の3種類のレビューをしていきます。

獺祭3種を飲み比べしよう!

というわけで、さっそくグラスに注いでみました!3種類ともグラスに注いでみたのですが、色合いは正直変わらなかったです。目が悪いのかな? というわけで、2割3分のみ写真に載せました。透明感がすごいですね。原料としては『山田錦』と蔵内の『井戸水』が使われているそうです。さっそく飲み比べしてみました!

チビチビ・・・。うん!どれもとてもフルーティーで飲みやすいです!どれも全く臭みがなく華やかな香りで口の中をいっぱいにしてくれますね。これは女性にもうってつけの日本酒です。 さて、美味しいのは分かっているので、飲み比べてどうかということが重要ですね。個人的な感想ですが、精米歩合が低くなればなるほど、味わいが濃くなっていくイメージです。4割5分であるとスッキリとしており、2割3分になればしっかりとした味わいになります。3割9分はその中間といったところ。正直磨きが細やかなほど、だれもが美味しい商品になると考えていましたが、これは飲む人を選びますね。まこトンとはるトンは4割5分が飲みやすくておいしく感じました。まだまだ舌が素人なんだろうなぁ(笑) でも、きっと素人でも通でも美味しく飲めるお酒が獺祭なんだと思います。公式サイトからの抜粋を載せておきます。

『 ある女性タレントが、「このお酒は私が今まで飲んだ日本酒のように「ウガッ」とならないから、これが本物の獺祭」と見事に当ててくれました。私達がいつも話している「良いお酒は飲んだらパッとわかるんですよ。通でなければ理解できない酒なんてないですよ」と言う言葉を立証してくれる言葉でした。 』

『 他のあるタレントが話した「このお酒は最初それほどでもなかったけど二口・三口飲むうちに段々美味しさが分かってくる」と言う言葉でした。私達は獺祭磨き二割三分に表面的な美味しさも勿論求めますが、深いところで様々な表情を見せる、そんな奥深い美味しさを求めて努力しています。どうかゆっくり飲んでください、ゆっくり楽しんでください、獺祭磨き二割三分は様々な表情と魅力を貴方に見せてくれることと思います。 』


https://www.asahishuzo.ne.jp/dassai/story.html  獺祭の蔵元 旭酒造株式会社 より

終わりに、獺祭を飲んだ時のおつまみを載せます。実家に帰省した時にもらった、ホタテ飯とソーメンカボチャの酢の物です。珍しいですよね。獺祭はどちらにもバッチリ合いましたよ。いよいよ夏も終わりですね。現実には戻りたくないものですが、皆さんもお仕事に勉強に頑張っていきましょうね!

それでは、今回はここまで。 ありがとうございました m(_ _)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました