【コロナウイルス対策】買い占めがおきる前に備えておきたい食料品・日用品10選(マスク・ペーパー類以外)

トレンド

全国的にコロナウイルス感染症が拡大を広めています。

2020年2月27日に感染拡大を受け、安倍首相が全国の小中高校の臨時休校の要請をしました。日本国内の感染者数は919人となり、さらなる感染拡大や企業等の休業も予想されます。

2月28日には、北海道で知事が緊急事態宣言をし、週末の外出を控える呼びかけを行っています。

現在、マスクやペーパー類の不足や買い占めによる価格高騰が話題になっています。今後、不足や買い占めが起こるのはマスクやペーパー類以外だけではなくなってくるでしょう。

そのためにも、マスクやペーパー類以外にあらかじめ備えておいた方が良い食料品と日用品を10選リストアップしたので、参考にしていただけると幸いです。

もし感染したときに必要になるもの

2月29日現在、感染予防のために石鹸やハンドソープが売り切れています。身近な人が感染することも時間の問題かもしれません。

現状では、発症すると自宅での療養を迫られる可能性が高いと思われます。

自分や大切な人が感染してしまったときのために、必要になるものをリストアップしていきます。

スポーツ飲料・経口補水液

実際に感染し発症したときに水分と塩分を摂取するために必要です。

脱水症状が心配ならば、経口補水液も用意しておくと安心でしょう。

ゼリー・アイスクリーム・おかゆ

症状があらわれたとしても、食べやすいものを用意しておくことが大切でしょう。

氷枕(熱さまシート・アイスノン)

熱が上がることが予想されます。体温を下げるものを用意しておくことが大切になります。

解熱剤

どうしても熱が下がらないときに解熱剤も用意しておくと安心でしょう。

身体に優しいタイレノールAがおすすめです。

体温計

自身の体調を管理するために体温計を用意しておくことが大切でしょう。

ゴミ袋・ビニール手袋

家族の看病をする上で、場合によっては嘔吐の可能性もあります。

感染予防と嘔吐物処理のために必要になるでしょう。

消毒用エタノール・ハイター

同じく嘔吐物処理のために必要になります。

また、あらかじめ様々な場所を除菌するためにも用意をしておいた方がよいでしょう。

物流が止まる前に用意しておきたいもの

2月29日現在、冷凍うどんが売り切れていました。

小中高校の臨時休校要請という出来事から、子どもを家に置いておかなければならない心配からでしょう。

今後、企業等の休業も予想されます。物流が止まるという最悪の事態になる前に用意しておきたいものを紹介します。

レトルト・インスタント食品

物流が止まったときに必要となるのは、やはり食べ物です。

賞味期限の長い、保管ができるものを用意しておくことが大切です。

シャンプー類・洗剤類

体の清潔を保つための必需品です。

物流が止まる可能性も考えたときに、感染予防のためにも用意しておく必要があります。

飲料水

災害ではないので、水が止まる可能性は極めて低いとは思いますが、備えとして用意しておいてもよいでしょう。

おわりに

いかがでしたか?

厚生労働省がコロナウイルスに対するホームページを開いていますので、リンクを下に貼っておきますので参考にして下さい。

新型コロナウイルス感染症について

自分の身を守るのは、最後は自分自身になってきます。事前に何が必要かを考え、行動することが大切であると思います。

少しでもこの記事が皆様のお役に立てたら幸いです。

それでは、今回はここまで。ありがとうございました m(_ _)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました