ウーバーイーツで『coco壱番屋(ココイチ)』のカレーを食べてみた!【宅配・デリバリー批評第2弾】

食べ物

こんにちは!まこトン・はるトンです! (・3・)/

今回の記事では、『coco壱番屋(ココイチ)』のカレーについてレビューしていきます。

はるブタ
はるブタ

さすがに12月にもなると外が寒いね~。

年末だし、あったかいものでも食べに行きたいね~。

まこトン
まこトン

ガクガクブルブル~!寒すぎるブタ! 外に出るのはイヤブタイヤブタ!

こんな日は宅配よ~! ウーバーイーツであったかいカレーを頼むブタ!

はるブタ
はるブタ

も~。本当にめんどくさがりなんだから! でもあったかいカレーはいいね!

というような我が家の会話です。どうでしょう?このブログを書いているのは、12月現在。寒い日には外に出ることすら嫌になるときありませんか。そんな日に家でハフハフいいながら、あったかいカレーを食べる。想像しただけで、素敵な気持ちになりますね!というわけで、最近はやりのウーバーイーツを利用して、カレーを頼んでみました。ウーバーイーツは宅配・デリバリーを行うためのスマホアプリです。わざわざ電話をする必要がなくなる時代になってきました。アプリ内で値段のチェックもできて、手軽に注文できることが魅力です。

オーダーの仕方(トッピングの設定)

ココイチといえば、多彩なトッピング!ウーバーイーツでのオーダーの仕方を説明します。

ベースとなるカレーを選ぶ

例えば、今回はうちの夫婦2人とも「ほうれん草」は確実にトッピングする予定だったので、ベースをほうれん草カレーにしました。この場合でいえば、上の写真の『ほうれん草カレー』をタップです。

② トッピングを選ぶ

あとは上の写真のように、ほうれん草カレーにトッピングするものが出てくるので画面をスクロールして、ほしいトッピングをどんどんタップしてチェックをいれましょう。なんと18点までトッピングできます!たくさんトッピングしても問題ないでしょう。トッピングの下をさらにスクロールすると『辛さ』『ご飯の量』も設定できるようになっています。冒頭にも書きましたが、トッピングの値段がその都度、確認できるのは魅力です。

最後は『カートに追加』をタップして、会計をすればOKです。これで注文開始!

こんな感じで届きました!場所にもよりますが30~40分くらいで届きました。あくまで我が家の話で、混んでいなければの話ですが、本当に快適です。カレーは別のトレイに詰めてあります。容器も凝っていますね。温度もあったかいです!ホカホカで美味しそう!

実際にカレーを食べてみた!

まず、まこトンが頼んだもの!トッピングは『ほうれん草』『チーズ』『スクランブルエッグ』『ロースカツ』という豪華盛です。サラダはツナサラダのごまドレッシング。どうやってこの量のトッピングしてくるのかと最初は思ったけれど、キレイに盛り付けてくれていますね。うまそう!

こちらは、はるトンが注文したもの。トッピングは『ほうれん草』『なす』『パリパリチキン』こちらも遠慮のないオーダーです!サラダはポテトサラダのごまドレッシング。どちらをみてもヨダレがたれてくる。あったかい内に食べてしまいましょう!

というわけで、食べてみます。もぐもぐ…。

うん!やはりココイチのカレーだ!ココイチのカレーはサラッとしています。ホテルのカレーっぽくて高級感があっていいですよね。別に辛さを上げているわけではないのに、スパイスのピリッとくる感覚を感じられます。でも、その中にしっかりと甘みもあるからうまいんだよな~。辛いのが苦手な方は、カレーの中に入れるトッピング(『ほうれん草』『チーズ』『スクランブルエッグ』…など)をたくさん入れるとまろやかになり、より食べやすくなります!そして、カレーを口に入れながら、チキンやカツをほおばる。たまらんな~! 満足感あふれる夕食となりました。

おわりに

最後に、今回の2人分の夕食のお値段です。今回はクーポンがあったので750円引きで3940円でした。ガッツリとトッピングを盛って、サラダもつけたので一人当たり2000円と言ったところ。どう考えても今回は2人ともトッピングを盛りすぎているので割高ですね。完全に自分達のせいです(笑)

普通のビーフカレーなら920円、ポークカレーなら710円です。私達がやりすぎなだけで、実際そこまで高くはつきません。どうトッピングをしていくのかが、ココイチの楽しいところなので、皆さんも是非デリバリーしてみてくださいね!

それでは、今回はここまで。ありがとうございました m(_ _)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました